48歳からプログラマーへ挑戦
Challenge to a dream
プログラム

5ヶ月間のロードマップ①(1ヶ月目)

目次

  1. プログラミングスクールに参加
  2. Scratchを使い簡単なゲームを制作
  3. MacbookPro15インチの購入
  4. Progateを使ってPythonコースを学習開始
  5. ドットインストールにてHTML&CSSコース開始
  6. XcodeにてSwiftを使い、体脂肪計算アプリの制作
  7. 書籍の学習『文系プログラマーの為のPythonで学び直す数学』
  8. YouTubeにて『キカガクチャンネルPythonコース』の勉強
  9. 英単語テスト自動生成ソフトの制作
  10. atcoderの開始
  11. Davinci Resolveを使い動画編集の基礎を学習
  12. 書籍の学習『文系プログラマーの為のPythonで学び直す数学』
  13. Udemyにて機械学習、Webスクレイピングを勉強
  14. 上海ITエンジニアの会に入会
  15. ProgateにてRuby on Railsコース開始
  16. アイシングクッキー教室のデータベース検索ソフト(IOSアプリ)の制作
  17. ProgateにてHTML&CSSコース開始
  18. 会社のWEBページの作成
  19. Affinity Designer for iPadにて使用方法の勉強
  20. WordPressにてブログを執筆      
  21. 書籍の学習『ゼロから作るDeepLearning』

①プログラミングスクールに参加

特に初日はわくわくしました。週1回、1時間半の内容ですが、興味があり未知の世界の内容を勉強することが久しぶりに面白いと思えた瞬間でした。金額は1回3,500円ほど。メンバーは3人で1グループ。1時間半なのでタイミングを見て質問しないとすぐ時間は過ぎてしまします。日頃の勉強で質問内容の整理が必要と思われる。重要なのはここで習得するというより、講習中は基本質問、理解の出来無かった内容を講師に教えてもらったほうが良いと思う。SNSでグループを組んでいて日頃も質問出来るがなんせ初学者のため支離滅裂な質問になり、現場での質問が伝わりやすく解決しやすい。

②Scratchを使い簡単なゲームを制作

Scratch公式HP コードを自分で書く前にこのソフトを使い、コードの組立かたや仕組みを勉強した。2020年より小学生もプログラミング必須化となり、実際にこのソフトを使い勉強するようになると思われる。

  • プログラミング的思考を育む
  • プログラムの働きに気づき、それを応用すること、もしくはその態度を育む

③MacbookPro15インチの購入

いつもかたちから入ってしまうのが私の悪いところ。。Googleでググるとプログラマーはみなかっこつけで解き方の模範解答もMac使用者が多いため、Macのほうが便利ではあるようだ。またモチベを保つために、高額なMacBookを購入した。

④Progateを使ってPythonコースを学習開始

Progate公式HP ホリエモンが言っていた、プログラムは超簡単だと。。。お前東大だしな!!なんて思っていたら、まじで難しい、記憶することが多い。約10時間のコースを一気に駆け抜けたが、まったく頭に入らず困惑した。ちなみにProgateは月額1,000円。無料で学べる内容もあるのでおすすめである。

⑤ドットインストールにてHTML&CSSコース開始

ドットインストール公式HP 講師からの助言で、気分転換にHTML&CSSコースを開始した。俗に言うWebページを作るためのコードの書き方である。私は昔自分で作った自社HPをホームページビルダーというソフトで作って簡単に作ったが、実は裏ではこんな風にコードが書かれていたことを初めて理解した。講師からはサラッと理解すればいいと言われサラッとこなした。ドットインストールも無料範囲がある。月額1,000円。すべて動画であり楽、Progateとはそこが違う。