48歳からプログラマーへ挑戦
Challenge to a dream
プログラム

今後の展望

5ヶ月間の意味

先に記事にした5ヶ月間の勉強内容ですが、プログラミング初学者(超初心者)におすすめしたいのが、まず何がしたいのかを明確にすることだと思います。プログラミングを勉強しだす方は大概、お金儲けができそうだとか、かっこいいからだとか、今後注目されるビジネスだからなどで勉強しだしたと思います。プログラムと言ってもいろいろな種類があり、まずは何がしたくて、目標はどこなのかで勉強の仕方が違ってきます。そこさえ定まれば短期間で転職も可能です。私はそれを品定めするために、5ヶ月間いろいろなことにチャレンジしました。そこで見つけたのがPythonであり、機械学習であり、深層学習です。人によってはIOSアプリが作りたいだとか、WEBデザイナーになりたいだとかそれぞれだと思います。ここで問題なのが長期勉強することへのモチベを保つ為の方法です。目標さえ明確で、通過点もしっかり定まれば、夢も叶うと思われます。ちなみに私が上記を選んだのは、まさに、かっこいい、そしてこれからのビジネスだからと思っているからです。大事なのは特化して勉強するこれです。

5ヶ月間でやって楽しかったこと

下記が5ヶ月の間に興味のあったことをやって楽しく感じた内容ですが、やはり1通りやってみて自分にあっていること、興味の湧いたことを見つけ出すのが重要かと思いました。

  1. XcodeにてSwiftを使い、体脂肪計算アプリの制作
  2. 英単語テスト自動生成ソフトの制作(python)
  3. atcoderに挑戦
  4. Davinci Resolveを使い動画編集の基礎を学習
  5. データベース検索ソフト(IOSアプリ)の制作
  6. 会社のWEBページの作成(HTML&CSS)
  7. WordPressにてブログを執筆

これからの道筋

これから半年間で下記の挑戦をしようと思います。

  1. オンライン学習の開始 (現在〜2020.8)
  2. Python3 エンジニア認定基礎試験 の取得 (2020.6)
  3. Python 3 エンジニア認定データ分析試験 の取得 (2020.6)
  4. AIエンジニアorデータサイエンティストに転職 (2020.8〜)

すでにオンラインではありますが、講座参加し開始しております。楽しいです。(数学はまじで解らず苦戦してますが。。。)みなさんも一緒にがんばりましょう。