48歳からプログラマーへ挑戦
Challenge to a dream
プログラム

これから

何がしたいのか

本来、自社の新しい事業としてまずは自分で学び、それを持って事業展開をする事が目的である。

当初の構想はE資格を取り企業に就職し、どのようにしたらお金儲けに繋がるかのシステムを勉強したかった。

例えばアプリ開発の1から10までの出来上がるまでの作業内容全般。

それでは時間が足りなそうなので新たな方法の模索をすることとした。

 

達成するためにすること

メンターを雇い、実際に企業に入ってしたかったことを教えてもらい実際に案件をこなしてみる。

とにかくその辺がイメージがわかないので実際にチャレンジしてみる。

 

MENTA

https://menta.work/

 

結果は後日お伝えします。